眼底検査の方法・検査費用

目の疲れを感じた時は?眼精疲労の自己診断チェック方法。

◆【冷やすor温める】どちらが効果が高い?

 疲れ目対策など目の癒しを考慮して開発されているアイマスクなどのグッズはとても多くあります。
 これらの癒しグッズは目をひんやりと冷やすものから温めるものまで実に多くあります。
 ここでは、目の疲労を改善する際に目を冷やした方が良いのか?それとも温めた方が良いのか?についてチェックしていきましょう。

◆血行を促進させてあげる温熱療法が基本

◆温熱療法が基本

 疲れ目の改善方法には幾つかの方法がありますがあります。

 中でも効果が高いとされている方法は、目の血行を高める「温熱療法」を中心とした皮膚周りを温める処置です。

 眼精疲労を発症すると、眼の周りにある筋肉が疲労、また目の周囲の組織に疲労物質が蓄積し血行が悪化します。

 これは「凝視(ぎょうし)」と呼ばれる、一点を集中して見つめる時間が長くなりすぎることも原因で、典型的なドライアイなどの症状の場合は温熱療法は最適とされております。

◆アイシングも効果が高い

 次に目を冷やす効果についても見ていきましょう。

 目を温める目的のひとつは眼球周りの血管詰まりの緩和、血行の促進が基本的な目的にありましたね。

 では、ひんやりとした感触を売りとしているアイマスクなどが飛ぶように売れているのはなぜでしょうか?

 実は、この冷やすという行為に関しても結果的に血行の促進効果があることが確認されております。

 目の周りの皮膚組織を冷やしてあげることで、一時的に血管は縮小しますが、そのリバウンドで血行は良くなることも確認されているのです。

 打撲などの障害や外傷の際にアイシングを行いますが、このアイシングの際も同様のリバウンド現象は発症します。

 しかし冷やし続けることでリバウンドを抑え込むことも出来る為アイシング効果が期待できるのです。

 視力を改善する目的で目を冷やすアイマスクなどを使用する場合は、長時間使用するよりも短時間の使用を短いインターバル間隔で使用すると効果が高まります。

◆アレルギーなどでかゆみを伴う場合

 子供がアレルギーなどで目をこすっているケースは多く見かけますが、このようにアレルギーによって目にかゆみ症状を発症している時は温める行為はかえって逆効果となります。

 もしアレルギーを発症している状態の場合は、眼球のまわりを冷やしながらかゆみを軽減させてあげることが重要です。

 皮膚が冷えてくるとかゆみ症状も徐々に治まってきますしアレルギー症状も緩和されます。

 温める行為も、冷やす行為もどちらも目の疲労回復には効果があるのは事実です。但し、状況に合わせて処置方法を選択していくことを忘れないようにしましょう。

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識