眼底検査の方法・検査費用

眼底検査Q&Aでは、眼科・健康診断で行われる眼底検査の検査方法、眼底検査にかかる費用・料金、糖尿病・動脈硬化・高血圧の可能性についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆ブルベリーに目の疲労回復効果があるのは本当ですか?

◆抗酸化作用をもつポリフェノール

 ブルーベリーが目の疲労回復に役立つことは広く知られております。

 では、このブルーベリーは目にとってどのように働きかけているのでしょうか?

 これはブルーベリーに多く含まれている「アントシアニン」と呼ばれる成分の働きを確認することで理解できます。

アントシアニンとは?

 アントシアニンとは、ポリフェノールの1種で成分分類ではポリフェノールの中でもフラボノイド系に属する成分です。

 近年はアンチエイジングの流行によりポリフェノールも広く知られるようになりましたが、アントシアニンもまた強い「抗酸化作用」を持っております。

※ブルーベリーには抗酸化作用をもつアントシアニン成分が多く含まれている

 老化の原因とも言われる活性酸素の発生を強く抑制し、疲労回復や疲労そのものに強い体質を作る働きをもっているのがポリフェノール属の特徴です。

◆アントシアニン含有量が高い食品一覧

 アントシアニンは、細胞の色素でもあり紫色の色素成分をもっております。

 アントシアニンが豊富なブルーベリーや、アントシアニンの含有率がブルーベリーよりもかなり高くサプリメントの原料などとして使用されているビルベリーの色が紫に近い色をしているのは、このアントシアニンの色素成分を多く含んでいる証ともいえます。

 紫イモや、ナスの皮の部分、赤ワインやカシス、そして赤紫蘇などにもアントシアニンは多く含まれておりますが、これらは色を見ても何となくイメージが沸くでしょう。

アントシアニン含有量が高い食品一覧
◆赤ワイン
◆ブルーベリー
◆ビルベリー
◆紫いも
◆なす(皮の部分)
◆赤キャベツ
◆しそ
◆カシス
◆ブラックベリー
◆プルーン

 尚、アントシアニンの効果は、眼精疲労の回復の他、高血圧症の患者の血圧の急激な上昇を抑制する働きや肝機能の改善、回復を促進する効能も確認されております。

 これらのアントシアニン含有量が高い食品を覚えておくと料理の幅が広がります。

◆ロドプシンの再合成

 暗闇の中でしばらく時間がたつと、何となく周りの景色が見えてくるような経験をされた方も多いと思います。

 明るい場所から突然暗い場所にいくと最初はなかなか見えませんが、徐々に「目が慣れてくる感覚」を感じ本当に少しずつ見えてくる感覚です。

 これは光のセンサーの役割をもっている「ロドプシン」という成分の働きが大きく関与しております。

 ロドプシンは太陽光が強く降り注ぐ日中、そして陽が傾き少しずつ暗くなる夕方、更に真っ暗に夜と暗明が異なる環境でも、対象物を認知できるように働きかけてくれる網膜の光センサーの役割をしている成分です。

 アントシアニンは、消費されたロドプシンの再合成を強く促す働きをもっており、アントシアニンが不足するとロドプシンの再合成も制限され目に疲労感を覚えるようになります。

 このようにアントシアニンはポリフェノールがもつ特性である抗酸化作用と、目の能力を保持するロドプシンの再合成という目に関わる重要な働きかけをすることから、目の疲労回復に役立つ成分として認識されているのです。

◆ポリフェノールの分類表

 ポリフェノールは近年大きく注目を集めている抗酸化作用をもつ成分です。

 以下に代表的なポリフェノール群の成分をあげてみます。

 これらは一部ですが、フラボノイド系は色素成分を保有する成分。フェノール系はその他、と色素成分の有無で覚えるのがポイントとなります。

ポリフェノール分類表
フラボノイド系フェノール系
アントシアニンセサミン(ゴマの主要成分)
ルテオリンクルクミン
ルチンエラグ酸
ヘスペリジンクマリン
フスチンタンニン
レスベラトロールクロロゲン
ダイゼインロズマリン

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識