眼底検査の方法・検査費用

眼底検査Q&Aでは、眼科・健康診断で行われる眼底検査の検査方法、眼底検査にかかる費用・料金、糖尿病・動脈硬化・高血圧の可能性についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆眼底検査の結果からどのような疾患が見つかるのですか?

◆眼底検査で確認される疾患について

 眼底検査では、ここまで解説してきたとおり、「眼の疾患」に限らず、眼底組織に異常を発症する様々な疾患の検査や診断を行うことが可能です。

 流れとしては、眼底検査によって網膜及び視神経乳頭の状態を確認。

 網膜や視神経乳頭部分に何らかのトラブルが確認されるようであれば、そのトラブルがどの疾患によって発症したのか?を検討していく形となります。

 ですから眼底検査で検査結果を確認し、その後、血液検査や脳関係の疾患の可能性が検討されるようであればCT検査など他の検査へ移行していくことも多くあります。

◆眼底検査結果から推測される主な疾患の一覧表

◆眼底検査結果から推測される主な疾患の一覧表

 検査結果によって幾つかの疾患の可能性が検討される場合。

 基本的に眼底検査では網膜・眼球組織に関わる眼球疾患・網膜症疾患の可能性が検討されます。

 この他、白内障や腎機能障害、脳腫瘍などの可能性も視神経乳頭の状態によって推測が可能です。

 眼底検査で確認される主な疾患の可能性を一覧表にまとめましたのでご確認ください。

【眼底検査で確認される主な疾患の一覧表】
眼底検査で確認される眼の疾患眼底検査で確認される全身性疾患
網膜剥離糖尿病
眼血管病変高血圧症
糖尿病性網膜症腎機能障害
高血圧性網膜症動脈硬化症
網膜ジストロフィー白血病
緑内障感染症
白内障腎不全
飛蚊症脳腫瘍
視神経疾患生活習慣病

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識