眼底検査の方法・検査費用

パソコンやコンタクトレンズの普及によって急激に増加したドライアイの対処法・治し方を解説。

◆ドライアイの治療期間の目安

 眼科でドライアイの治療を開始した場合、どの程度の治療期間でドライアイは治るのでしょうか?
 ここではドライアイの治療期間について見ていきましょう。

◆完治の基準は定められていない

◆完治が難しい目の病気である事を把握する

 ドライアイの治療ではマイボーム腺の調節を行なう手術などを行なう以外の方法で、完全に病気を完治させる方法は未だ解明されておりません。

 これはドライアイ症状が幾つもの要因によって発症する目の病気であり、ひとつの対処で対応できる病気ではない為です。

 その為、治療期間に関しても明確な基準などはありません。

◆症状が改善しても予防を怠らないこと

 ドライアイをもし発症してしまったら、まず現状よりも悪化させない事を優先的に考慮して対応を行なっていくことが基本です。

 重度の症状に至る前に自分でできる改善点は多くあるものです。

 日々の温熱療法などの目のケアに始まり、環境の改善。

 そしてコンタクトレンズの使用を眼鏡に変えるなど今すぐ対応可能なものも多くあります。

 ドライアイは症状が一時的に改善されたとしても、残念ながら症状が何度も再発する可能性をもつ目の病気です。

 ですから厳しい言い方となりますが、根気良く一生この病気と付き合い、ドライアイ症状を発生させない生活習慣へとシフトしていく心構えが必要となります。

※Point!生活習慣を少しずつ改善し症状を発症させない努力が必要

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識