眼底検査の方法・検査費用

目の疲れを感じた時は?眼精疲労の自己診断チェック方法。

◆目の疲れを軽減するコンタクトレンズの度数の目安

 眼鏡やコンタクトレンズをかけていると目に疲れを感じる。このように眼鏡やコンタクトレンズを使用している場合は、目に疲れを感じやすくなる傾向があります。
 疲れ目をもたらす要因にはレンズの度数も大きく視力の低下や眼精疲労に関与している点をチェックしておく必要があります。

◆目を疲れさせないレンズ選びを考えよう

◆目を疲れさせないレンズ選びを考えよう

 眼鏡やコンタクトレンズを使用した経験がある方は、少しずつ視力が低下していった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 一度眼鏡をかけてしまうと、レンズにあった眼球となる為、視力は少しずつ低下する可能性があるのは事実です。

 低下する視力に合わせて次々とレンズの度を高くしていき、最終的に極度の近視になっていまったという方もいるはずです。

 では眼鏡やコンタクトレンズ選びはどのように行なえば良いのでしょうか?

 ここでは疲れ目症状の対策という観点からレンズの選び方をチェックしてみましょう。

◆光の屈折と遠近感の調節

 眼球が働く際の仕組みは、光の屈折と遠近感の調節の2点で視力を確保しております。

 目に入ってきた情報(光)は角膜と水晶体という組織で曲げられて眼球内部に情報を伝達します。

 この光の曲がりにあたる作用が屈折作用ですね。

 そして目から取り込まれた情報の距離、いわゆる遠近感を調節し、脳に「見える」という状態を伝達します。

 ですから視力が低下しているということは、この屈折と調節のいずれかがうまく機能していないことを意味します。

※Point!屈折・調節のいずれかが機能しない時に視力は低下する

 この2つの目の働きを補助するのが眼鏡やコンタクトレンズです。

◆コンタクトレンズの度数の目安

 屈折と遠近感の調節がぴたりとはまれば、視力はもちろん回復し、遠くのものも近くのものもしっかりと見ることができるようになります。

 ですから例えばコンタクトレンズのレンズの度数を選択する場合は、最もよく見えるものを選択することがベストのように感じます。

 疲れ目の要因は、レンズの度数があっていない時にも発症するので、コンタクトレンズをつけているにも関わらず、ものがしっかりと見えていないような状態は目にとってストレスとなり眼精疲労を発症することになります。

 しかし、コンタクトレンズの度数があまりにもぴったりである場合や少しレンズの度数が高い場合なども目にとっては大きな負担となります。

 人間の目はあまりにもしっかり見えすぎる時も疲労を感じる働きがあるため、視力が高すぎることもまた眼球にとってはストレスとなりうるのですね。

 ですからコンタクトレンズを選ぶ際は、仮に良く見えたとしても必要範囲内の度数のレンズを選ぶこと。

 高い度数は絶対に避け、ぴったり過ぎる場合ももしかしたらやや自分の視力よりも高い度数のレンズである可能性を考慮することが大切です。

 コンタクトレンズ選びの目安としては、「ある程度しっかり見えて心地よい視界」を保つレンズを選ぶことがポイントです。

※Point!コンタクトレンズは心地よく見える範囲のものを選ぶと疲れ目に効果あり

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識