眼底検査の方法・検査費用

目の疲れを感じた時は?眼精疲労の自己診断チェック方法。

◆寝不足や疲れ目による二重をその日中に治す簡単な4つの手順

 慢性的な眼精疲労が続くと、ある朝、突然まぶたが二重になっているケースを経験された事がある方も多いのではないでしょうか?
 元々まぶたが二重の場合は三重(みつえ)にまでなることも実際にあるものです。
 ここでは疲れ目や寝不足がもたらす二重の原因と解消法について見ていきましょう。

◆二重は戻るの?

 疲れ目を放置しておくと、突然目が二重になったりすることは比較的良くあることなので過度な心配は必要ありません。

 このケースで気になるのはおそらく、この二重はちゃんと元通りに戻るのか?

 という点にあると思います。

 結論から言えば、疲れ目や寝不足などが原因となって一時的に二重になっているようなケースでは、疲労が取り除かれることでまぶたは元通りの形、今回の事例のケースでは一重に戻ります。

◆まぶたが戻るタイミングは?

 寝不足も疲れ目もどちらも目を酷使している状態、目にとっては疲労が蓄積しやすい状態であることは変わりません。

 毎日の睡眠不足が継続的に続くと、二重瞼に突然なってしまい数日の間戻らないこともよくあることなのです。

 しかし、この二重瞼が戻るタイミングはまだ解明されておらず、その日のうちに改善されるケースや、2〜3日たってから元に戻る場合。

 極端なケースでは1週間〜一か月たってようやく戻るようなケースも多く確認されております。

 更に小さい頃は片方の目だけ二重まぶたであったのに、このケースのようにある日突然二重になり、そのまま二重が戻らずに両目が二重で定着してしまうケースもあります。(私です^^”)

※Point!二重まぶたは一生戻らないケースもある

◆至急治したい場合の4つの手順

 二重になりたいと思っている方にとっては特に問題のない話ではありますが、整形手術などが広く認識されている現代では、突然会社や学校などに二重まぶたで行くのは気が引ける方もいるかもしれません。

 疲れ目によって皮膚の形状が変化し、突然二重になる要因として考えられる要素としては、まぶた周りに疲労物質が蓄積されている可能性が検討されます。

 ですから、血行を高め目の疲労を緩和してあげることで、少しでもまぶたが早く戻ることにつながる可能性もあります。

 元々二重の状態で、ある日三重瞼になってしまった場合も同様に目のまわりの血行を促進させてあげることで瞼が元に戻ることも多くあります。

 特に暖かいタオルで目を覆ってあげることで5〜6分で回復することもあるので、少しでも早く治したい方は目の周りの血行を促進させる処置を行ってみると良いでしょう。

@60度前後の熱湯にタオルを浸し2〜3分おく(熱すぎると絞れなくなります)
A少し水気が残る程度に絞り、仰向けの状態でタオルを目の上にかぶせます
B5〜6分間そのまま動かずに待つ
C治っていなければ、もう一度温めなおして繰り返す

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識