眼底検査の方法・検査費用

目の疲れを感じた時は?眼精疲労の自己診断チェック方法。

◆目の疲れで焦点がずれるのは何故?

 目が疲れた時に限って焦点がなかなか合わない。ものが2つに見える。などの症状を発症する経験がある場合。
 このように目の疲労がピークに達した時に、目の焦点、ピントをうまく調節できなくなるのは何故なのでしょうか?
 ここでは間欠性外斜視と呼ばれる眼精疲労が要因となって一時的に発症する目の病気について見ていきましょう。

◆間欠性外斜視(かんけつせいがいしゃし)とは?

◆間欠性外斜視(かんけつせいがいしゃし)とは?

 眼精疲労が蓄積すると、ある日ものが二重見えたりするような症状を発症することがあります。

 この時、目の向きがしっかり揃わない、イメージとしては自分ではしっかり前を見つめているのに焦点が合わないといった体感を経験した場合は、一度斜視の可能性を検討する必要があります。

 目は疲労が蓄積すると眼球の運動を司る筋肉が少しずつ減退し一時的な斜視症状を発症することがあります。

 この疲れ目による斜視は
●間欠性外斜視(かんけつせいがいしゃし)
 と呼ばれる斜視で主に中高年代の男性に多く発症すると言われております。

◆目の疲れが回復すると症状も回復

 疲れ目による間欠性外斜視は、一時的に発症しますが、目の疲れが回復すると症状も回復してきます。

 但し、頻繁に間欠性外斜視の症状が発症するようなケースでは、場合によっては目の眼球の動きをコントロールしている筋肉の調節機能を改善する手術が行なわれるケースもあります。

 間欠性外斜視は加齢に伴って発症確率が高くなる目の病気です。

 筋力の低下が始まる30代以降に発症確立が急増してくる点もひとつの特徴です。

※Point!目の筋力も加齢と共に低下する

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識