眼底検査の方法・検査費用

目の疲れを感じた時は?眼精疲労の自己診断チェック方法。

◆目の病気によって視界がぼやけるケース

 視界がぼやけて見えるケースの多くは、近い距離を長時間見続けるなどして目の筋肉に疲労を生じる眼精疲労が原因です。
 しかし、特に目を酷使しているわけでもないのに視界がぼやけるような場合では何らかの目の病気を発症している可能性を検討していくことになります。
 ここでは視界がぼやける症状を発症する可能性をもつ目の病気についてチェックします。

◆目に優しい環境を保っている場合

★目に優しい環境を保っている場合

 目の筋肉を酷使すると視界がぼやけて見えるケースは比較的多くありますが、特に目を酷使する環境でもないのに視界がぼやけて見えるようになってきた場合は何らかの目の病気を発症している合図ともとれます。

 特にパソコン作業などをすることもなく、近い距離を見続けるような習慣がない方の場合。

 普段から目を大切にし、テレビの距離も間隔をとって長時間見続けることを避けているにも関わらず、視界がぼやけはじめたようなケースです。

 このようなケースで最も可能性が高い目の病気としては白内障の可能性が検討されます。

◆白内障をまず検討する

 白内障は誰にでも発症しうる目の病気です。

 特に加齢に伴って発症確立が少しずつアップするので加齢にともなって視力の低下がスタートした可能性をまず検討します。

 もし40代を超えてから視界がぼんやりとかすむようになってきた場合は、まず白内障の可能性を検討します。

 眼科のある病院か、個人クリニック系の眼科を取り扱う地域の専門クリニックで検査をしてもらえばすぐに原因はつかめるはずです。

◆黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)の可能性

 白内障とならんで視界がぼやける症状を発症しやすい目の病気としては黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)と呼ばれる目の疾患があげられます。

 黄斑変性症は白内障と並んで加齢とともに発症確立が高くなる目の病気で、眼球内部の黄斑と呼ばれる組織に異常を生じる目の代表的な病気のひとつです。

※Point!黄斑変性症の可能性も検討

 60代を過ぎると急激に発症確立が高まり、基本的に治療によって完全に回復することができない病気でもあります。

 黄斑変性症の治療ではレーザー治療が多く行われるようになってきましたが、やはり完全な回復はできません。

 特に目を酷使する環境でもないにも関わらず視界がぼやけはじめたら、まずは白内障と黄斑変性症の2つの疾患の可能性を検討していくことがポイントです。

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識