眼底検査の方法・検査費用

目の疲れを感じた時は?眼精疲労の自己診断チェック方法。

◆1日6時間以上パソコンを見ている方は要注意!

 現代人の視力は毎年のように低下現象が見られることが徐々に確認されてきております。
 この視力の低下をもたらす理由は、目の疲労、いわゆる疲れ目を及ぼしやすい環境への変化が大きな要因にあります。
 生活習慣は時代によって当然変化してくるものではありますが、現在は特に目に疲れを及ぼしやすい環境へと徐々に変化してきているのが現状です。
 また、気がつけばこのような目を酷使する環境は大人に限らず子供の環境においても既に大きな変化をもたらしはじめております。

◆目の筋肉はストレスから眼性疲労を発症する

◆目の筋肉はストレスから眼性疲労を発症する

 サラリーマンやOLのデスクワーカーの場合は、毎日のようにパソコンとにらめっこという日が続いているものです。

 1日に平均で6時間以上パソコンと向き合っているデスクワーカーもおそらく多くいますよね。

 一点に視線を集中し続けるこの環境は、眼球にとっては大きな負担であり目の筋肉はストレスを生じ「眼性疲労」を発症します。

 この眼精疲労が実は色々とやっかいなものでもあるのです。

 仕事でパソコンと向き合う時間がどうしても長くなる方は、一度自分の仕事スタイルを思い出してみましょう。

 1週間の仕事を平均的にならしてみると、1日にパソコンに向き合う時間はどの程度の時間となりますか?

 家に持ち帰ってパソコンを見ている場合も同様です。

 1日の平均パソコン時間が4.5時間以上になると視力へ大きな影響があると言われております。

 また6時間を越えてくると9割以上の人に視力の低下現象が見られるようになることも確認されております。

※Point!1日6時間以上パソコン画面を見続けていた場合は視力が低下する可能性が格段に高くなる

 仕事でパソコンを使わないということは難しいかもしれませんが、どうしても長時間PCと向き合わなくてはいけない仕事をしている場合は、家に帰ってからはTVやパソコンなどを控えて目に優しい環境を整えてあげるようにしましょう。

◆目を酷使する環境は子供も同じ

 幼少期の子供にとっても目にとっては少し厳しい環境へと大きく変化しております。

 今では子供の時からパソコンを使用するのも良く見られる光景ですね。

 学習用のソフトも多く開発され小学校にもパソコンが導入されているのも周知の事実です。

 現在の社会ではパソコンが必須品ともなりました。

 昔は全て手書きの台帳で管理していた経理業務なども今では全てパソコンを使ってデータ管理されるようになりました。

 子供にとっては社会人となる前にしっかりとパソコンのスキルを身につけておくことも重要な課題となっているのです。

 また、近年では子供が携帯電話を持ち歩くことも普通になり、小さな画面とにらめっこする生活も定着してきております。

 「任天堂DS」「プレイステーションポータブル」などのゲーム器機の画面は以前よりは若干大きくなりはしましたが、やはりまだまだ大きいとは言えず、小さな画面とにらめっこする状況は探せば多く見つかります。

 更に学校の勉強以外にも学習塾に通うなど、やはり目を酷使する環境に子供の時からどっぷりと浸かってしまっていることも幼少期から視力低下現象をもたらす要因となっているのです。

※Point!幼少期から目を酷使する環境へと変化している

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識