眼底検査の方法・検査費用

眼底検査Q&Aでは、眼科・健康診断で行われる眼底検査の検査方法、眼底検査にかかる費用・料金、糖尿病・動脈硬化・高血圧の可能性についてQ&A方式で初心者向きに解説。

◆眼底検査はどのような目的で検査が行われるのですか?眼底検査が行われるケースについて教えてください

◆眼底検査の目的、検査が行われるケース

 眼底検査の眼底とは、「眼球の内壁」を構成する組織群のことを言います。

 内壁を構成する組織群には以下のようなものがあります。

●硝子体
●網膜(硝子体を覆っている膜)
●脈絡膜(網膜を覆っている膜)
●視神経乳頭

 眼球の内壁には上記の組織がありますが、眼底検査ではこれらの組織を観察していきます。

 眼底検査が行われる最大の理由は、眼底が人体で唯一血管を目視で確認できる組織である為です。

 また、全身の症状が現れる前に眼底の網膜などに異変が生じているケースも多いことから、眼底検査は「疾患の早期発見」にも有能とされております。

※網膜は人体で唯一血管を目視で確認できる部位である為、眼底検査からは様々な疾患の可能性の早期発見を行うことができる

◆視神経乳頭の状態を確認する

◆視神経乳頭の状態を確認する

 眼球内部には視神経と呼ばれる神経組織があります。

 この視神経は視覚から取り入れた電気信号を大脳へ伝達する神経で、視覚情報を伝達する重要器官であり司令塔とも言える組織です。

視神経乳頭とは?

 眼底検査では、網膜に映る映像と網膜と視神経が結合する部分である視神経乳頭の状態を主にチェックします。

 視神経乳頭とは視神経が束上に集まっている部分で、正面から見て眼球の最も奥の部分に位置し電気信号の収集を行い視神経に情報を送り込む主要部分です。

※眼底検査では網膜・視神経乳頭の状態を主に確認する

◆幾つもの視覚情報を総合して物を見ている(コラム)

◆幾つもの視覚情報を総合して物を見ている

 視覚は、「物を見る」という行動及び認識に対して、物質の色彩や、質感、遠近感などの情報を電気信号として捕らえ総合的に収集して大脳へ情報を送り大脳はそれらの情報を総合的に判断して「物を見る」という認識を行います。

 一瞬の見るという行動の中にも、幾つ物情報伝達が一瞬でなされ総合された情報を私たちは「見ている」のですね。

〜ポイントのまとめ〜
◆血管を目視で確認できるのは眼球だけである
◆眼底検査は疾患の早期発見に有効
◆視神経乳頭は情報を収集する重要部分

◆眼底検査の準備・目の構造の基礎知識

◆眼底検査の検査費用・検査料金の解説

◆眼底検査の結果から疑われる病気・合併症の解説

◆疲れ目・眼精疲労の原因と予防対策の基礎知識

◆ドライアイの原因と対処法の基礎知識